About

 

僕にとって沖縄は第3の故郷です。第1の故郷は生まれた静岡県浜松市。第2の故郷は大学時代から現在まで住み続けている京都。そして、沖縄は毎年必ず3〜4回は訪れる場所です。20代、30代の頃は八重山の離島を巡り、現地の民宿で現地の人や旅人と夜な夜な語ることが楽しかった。40代になった今は沖縄本島の空港に近いホテルでノンビリとした時間を過ごし、現地で働く人たちと一緒に語らうことが楽しみです。

この数年間で沖縄の食文化は大きく変わったと感じます。従来は沖縄の伝統的な料理に、泡盛やオリオンビールを提供する飲食店が多かったのですが、今は本土の食文化が大きく影響しています。特に影響を受けているのは泡盛で、沖縄生まれの人でも泡盛を飲む機会が減り、一方で本土から入ってきた日本酒を飲む機会が増えているようです。

もちろん、本土の食べ物や飲み物が入ってくることで、沖縄の食文化は多様性が増し、今までにない沖縄文化とのコラボレーションが生まれる可能性があります。しかし、泡盛のように沖縄でしか造られていない酒や、その泡盛を造る蒸留所が無くなってしまうのは残念です。そこで、もっと多くの人に泡盛の魅力を知ってもらい、泡盛を飲む機会を増やしてもらうためにこのWebサイトを制作しました。

泡盛の魅力が伝わるように、少しずつ記事を増やしていくつもりです。末永くご覧いただけると幸いです。

NANAME KIKAKU 伊藤泰行

京都市在住。 日本ソムリエ協会認定SAKE DIPLOMA(2018年度合格/No.2153)。新潟清酒達人検定・銅の達人。(社)日本ソムリエ協会正会員(No.29546)。大学卒業後、(株)マイナビに入社し約10年間、顧客企業の新卒・中途採用領域における採用支援を行う。退社後、SAKE DIPLOMA認定試験合格を機にNANAME KIKAKUの活動を始めました。いつまでもお酒が楽しめるように、毎年1回のフルマラソン完走を目標として健康な体づくりに励んでいます。